伝筆(つてふで)と問筆(といふで)

何が違うの?と

質問される事が多くなったので

こちらでお伝えしておきますね♪

 

伝筆は伝筆協会という一般社団法人の

商標登録された然るべきコンテンツです

 

著作権はもちろん色々きちんと守られています

ここまで親切にコンテンツ化されている

筆文字講座はないんじゃないかな?と

私は思っています

 

本当に研究されている

コンテンツなので

お手本を見ながら15分あれば

ユニークで味のある筆文字が描けます

(これまでの私の経験上)

 

受講生のみなさまには

誰でも描ける7つのコツを

お伝えするので

筆文字が初めての方でも

見違えるような素敵な

作品を仕上げることができます

 

H15年に協会が立ち上がり

今では150名を越える

伝筆認定講師が

【伝筆で世界を元気にする】

そんな想いで伝筆を

全国に届けています♪

 

それに対して

問筆は協会ではありませんし

コンテンツはオープンソース

※ご自由にご自身の活動に
取り入れてお使いください

手本をあえて作らず

自分らしさを引き出す極意を

お伝えしながら

その場で共に創り出していきます

 

随所に散りばめられた

しつもんによって

徐々に解放されていく自分を

感じながら

自分らしさを取り戻していく

 

最終的にはあなたにしか描けない

唯一無二の作品ができあがります

 

講座では徹底的に

自分が今、何を感じているのか?を

感じながら描いていただきます

 

そうすることで

自分の世界観を自分の言葉で

自分らしく表現する事が

できるようになっていきます

 

この一見、正反対にも思える

伝筆と問筆

どちらも筆文字という

表現方法の1つ

 

私はどちらの視点も大切だなぁーと

思っています。

 

型があるからこそ

安心して誰もが学べるシステムの伝筆

 

型にはまらない

自分らしさを表現する問筆

 

面白いことに

他の筆文字の講師の方や

書道の先生などが

私のところに来られたりします

 

自分の型にハマってしまった時に

リセットするためにいらしてくれるようです

 

伝筆が太陽なら

問筆は月

 

明るく誰かを照らす伝筆

静かに誰かを癒す問筆

 

どちらか一方ではなく

どちらも伝える事ができるから

私の中でもバランスが

取れるようになりました

 

太陽と月

私にとって伝筆と問筆は

そんな存在なのです